2020年1月15日水曜日

工学基礎2 紙コップスピーカ_コレクション2019 第3弾

1年生の実験(工学基礎2)も第3グループの実験です。
紙コップスピーカの新作・力作が完成しました。
第3弾をご紹介します。

今回も個性的な作品が多く,学生のアイディアの豊富さ,イメージ力に驚かされます。
A4サイズ1枚のスチロールボードからパーツを切り出し組み立てます。
2時間程度で,何らかの形にまとめあげる能力は大変素晴らしいです。
1年生は,「モノづくり」を楽しみながら実験しています。

R.Mochizuki 作(原案は人工衛星とか?難解。)

Y.Matsumoto 作(「絆」を強調する感じですね)

S.Miyaguchi 作(イカ?すみを噴出するイメージです)

S.Murakami 作(構造が特徴的です)

Y.Fushimi 作(アーチの形状が綺麗です)

M.Warashina 作(リングの切り出しと配置が素晴らしい)

A.Fukunaga 作(海と船のイメージですね,海賊船?)

A.Yamashita 作(制作意図を聞き忘れました・・)

E.Watanabe 作(3個並べたら蜂の巣?)

M.Masuda 作(三角屋根が特徴)

I.Yamamoto 作(スピーカを斜めに配置しています)

A.Yabe 作(少ないパーツでしっかり支えています)

R.Fukasawa 作(ザ・ボックスですね)

嬉しいお知らせがありました!

冬休み明けに全学科の1年生が一斉テストを受けました。

その結果,E1はクラス平均が5学科の中で1位となりました。

なんと,平均点は70点を超えています。
100点を取った人もいます。
残念ながら失敗してしまった人もいましたが,最低点でも他のクラスより優秀でした。
Eスタ・勉強会の効果かどうかはわかりませんが・・・・
E1学生の勉強に対する姿勢がしっかりと身につきつつあることの証明ですね。

この勢いで,学年末試験を突破しましょう!

学生実験もいよいよ大詰め

後期の学生実験もいよいよ終わりが近づいてきました。
今週の実験が最後のテーマです。
来週はレポート作成や課題に取り組みます。
実験を通して授業の内容がより深く定着し,さらに専門的な実験に繋がっていきます。
写真は昨日(1/14)に実施されたE2学生の実験の様子です。

電磁誘導の実験(コイルと磁石による電圧の発生)


論理回路の実験(デジタル回路の基本です)

レポート作成と課題に取り組んでいます

電源と固有電力の実験(電池の特性を測定しています)

2020年1月7日火曜日

明けましておめでとうございます

E科ブログをご覧の皆様,新年明けましておめでとうございます。

皆様におかれましては,つつがなく2020年を迎えられたことと心よりお慶び申し上げます。本年が良き1年となりますようお祈りいたします。

さて,E科では在学生の一人ひとりが目標に向かって歩みを進められるよう,E科スタディプロジェクト、英語表記でESTA(E-ka Study Training Assembly)を柱の一つに据え,より一層のサポートの充実を図りたいと思っております。E科教員一同,関係各位からのご指導,ご鞭撻,ご支援,ご助言をお待ち申し上げております。

現在,Eスタ2020春の準備を進めており,昨年12月には概要を説明いたしました。
1月6日に申し込みを締め切り集計したところ,すでに70名を超える学生から,Eスタ2020春合宿への参加希望がありました。
保護者様のご理解とご支援に深く御礼を申し上げる次第です。
誠にありがとうございます。
早速,学生スタッフが申込データの整理とデータベース化を進めてくれています。

準備状況については,適宜ブログで紹介して参ります。
ぜひご参考にしていただければと存じます。


本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。











2019年12月25日水曜日

年末の御挨拶

 年の瀬も押し迫り、皆さんもあわただしい日々を送っていらっしゃることと思います。
私ども電気電子工学科も日々いろいろあり、指導力不足を感じつつも、なんとかここに年末を迎えることができました。
今年も一年、たくさんの応援と協力と理解をいただきありがとうございました。
とはいえ学校の年度としては、まだもう少し続くわけで、学生にはこれからが正念場となります。学生諸君は、ひとつのけじめを迎えるこれからの時期を如何に過ごすかが大事です。冬休みは冬休みとしてのんびり過ごし、年明けからはまた自分がやるべきことをやりましょう。
保護者の皆様は、引き続きお子さんの成長を見守りつつ、心穏やかに新年度に向かえるよう応援をお願いします。


それではまた来年もよろしくお願いします。


学科一同


おじぎ丸



年明けの授業は1/6(月)からすぐに始まります。

2019年12月19日木曜日

駿東変電所を見学してきました

 5年次開講科目の「電気法規」の授業は、「東京電力パワーグリッド社」に勤めるその道の専門家の方に講義をしていただいてます。本日は学校のすぐ近くにある 「駿東変電所」と、そこに隣接する研修施設を見学させていただきました。
変電所というと、以下の写真にあるような大きな鉄塔が建ち、その鉄塔間を多くの線が縦横無尽に行き交い、そろばんの玉をいくつも積み上げたような物体があちらこちらに見えるところで、知らない人からすると、ここは何をしているのだろうか?となるところです。
時折雨が降る中、ヘルメットが傘代わりにもなりました

ここ駿東変電所は、沼津と三島に電気を供給する一次変電所です。ちなみに変電所は経由するところであり、ここで電気を作っているわけではありません。一次というのは、かなり高い電圧がきていて、154,000Vを66,000Vに下げて中間変電所に送ります(各家庭は100V)。その先は中間変電所、配電用変電所を経由して用途に合わせた電圧に順次下げながら、最終的には道路にある電柱の高いところによく見られる、柱上変圧器(以下の写真)を経由して各家庭に届けられます。
柱上変圧器、トランスです

建物の中には制御室があり、変電所の運転状況を確認しつつ制御できる部屋もありましたが、現在は別のところで制御しているそうです。どこまで写真を公開していいのかわからないので、そういう制御室があると思ってください。
隣接する研修施設には本物と同じ電柱があり、配線もなされていました。残念ながらこの日は研修の計画が無い日で、どんな様子で研修が行なわれているのかは見られませんでした。

間隔こそ短いですが、本物の電柱がたくさん立っています
後姿になってしまいましたが、本校OBの方が説明に来てくれました
この写真にも柱上トランスが写っていますが、わざと低い位置につけてあります
こちらは屋内、こちらも電柱がいくつも見えます

この電柱に実際に登って事故時を想定した復旧作業をしたりするのでしょう。今回の見学でも伺ったのですが、例えば今夏、台風被害を受けた千葉に電力会社関係なく応援に行ったのはいいのですが、電力会社によって部品が違うことがあるんだそうで、これから事を考えて、全国で統一しようという話もあるんだそうです。
その他には無電柱化の話も聞きました。日本は電柱が多い国といわれてますが、地中にあると日々の維持管理が大変になるんだろうなぁと漠然と思いながら説明を聞かせてもらいました。

皆さんも、時折電柱を見上げて、その影で働いている方のことを想像してみて下さい。

2019年12月16日月曜日

夜の勉強会(E2対象 積分)

先ほどE5教室をのぞいたところ、E2学生を対象とした夜の勉強会が行われていました。

講師は野毛先生(E2電磁気学担当)で、積分の補習を行っていました。
積分の分野の勉強は「習うよりも慣れろ」的な要素が強いと思います。
こうした補習の場を有効に活用していってもらいたいと思います。

参加した人なら分かると思いますが、夜の勉強会は昼の授業とは違った独特の雰囲気を持っています。
普段、前側にいる私としても、通常の授業よりもリラックスして学生と対面ができます。

常連さんばかりで入りづらい、と思っている人もいるかもしれませんが
頑張ろうと思っている学生の参加はいつでも大歓迎です。

今年最後の夜の勉強会は
12月18日(水)
です
内容は今回同様「積分」になります
苦手分野を残さずに進級しましょう!

数学が苦手な学生だけでなく、得意な学生も参加しています

間違いやすい箇所は要チェック

注目の投稿

工学基礎2 紙コップスピーカ_コレクション2019 第3弾

1年生の実験(工学基礎2)も第3グループの実験です。 紙コップスピーカの新作・力作が完成しました。 第3弾をご紹介します。 今回も個性的な作品が多く,学生のアイディアの豊富さ,イメージ力に驚かされます。 A4サイズ1枚のスチロールボードからパーツを切り出し組み立てます。...

人気の投稿