2024年4月11日木曜日

電気自動車の改造を始めます

新年度が始まり、授業や部活も動き始めています。
E科では、学生のモノづくりプロジェクト(通称:モモタロウ)チームが電気自動車の改造を始める計画を立てるため、動き出しました。
メンバーはまだ少数ですが、これから増えていくと思います。
活動のための場所の確保や車両の保管など、苦労はありますが力を合わせて頑張りましょう。

メンバーの中には初めて車両を見る人もいましたので、シートに座ってみることににしました。この車が自動運転されるようになったらいいですよね。
イメージが膨らんだでしょうか?

シートまわりの確認


山之内先生から改造のポイントなど説明がありました



今日は運転席に座ってみました。
自動運転になったらハンドルには手を添えるだけですかね・・・?
まずはハンドルの制御機構の作製とプログラムの開発から始める計画みたいです。
モーター制御の技術面からのサポートは、山之内先生が担当してくださいます。
さぁ、がんばっていきましょう!









今日の授業は・・・

おはようございます。
今週の月曜日から本格的に授業が始まりました。木曜日の1時限めの様子を覗いてきました。
1週目ということもあり、どの授業でもガイダンスが行われています。
3年生以上となってくると、タブレットやPCを使った課題の提出なども頻繁に行われます。
また、1年間の授業計画(シラバス)に沿って、どのように授業が進むのか、単位を取得するための到達目標や成績評価の方法なども具体的に説明されます。
しっかり話を聞いて、必要な対応ができることが大切ですね。
頑張りましょう!

3年生は「電子回路1」という専門科目です。3年生から始まる重要な科目の一つです。
担当は高矢先生です。


こちらは4年生の「電磁気学2」という専門科目です。電気電子工学の最もコアな科目の一つです。3年生の「電磁気学1」に引き続き、さらに1年をかけて学修します。担当は嶋先生です。嶋先生は今年度E4の助言教員でもあります。


授業計画について説明中です

本校では、今年度より4~5年の担任を助言教員と呼ぶことになりました。これは大学生相当の学生に自主・自立の自覚をより強く持ってもらいたいという校長先生の意向を具体化したものです。3年生までとは少し違った形の(学生を一人の大人として接するように)教員と学生のかかわり方を模索していきたいと思います。

2024年4月10日水曜日

1年生も実験始めました

昨日のところには2年生の実験について書きましたが、今日は1年生の実験について書きます。
1年生も本日から実験開始です。とはいっても初回なので、まずはこの実験という授業についての説明と、実際に行う実験5つについての概要説明、そして事故やケガを予防するための諸注意がありました。1年生はこの5つの実験をクラスごとで順番に行っていき、最終的に全学科とも同じことをします。
私服で座っているのが電気の1年生たちで、その前にいるのは機械科学生
まずは全体の概要説明
概要説明の後は、5つの実験について担当の先生がそれぞれ事前説明を行います。写真は電気の先生が担当するモータに関する実験を説明しているところです。こういう学校にやってくる学生なら一度ならず乾電池で動かすモータを使ったことがあるでしょう。
特には下の写真、フレミングの法則です
全体をまとめる先生に戻って今日の話をまとめます
各実験の説明も終わり、まとめの話をして今回は終わました。来週は実験の場所を確認してもらいます。5学科それぞれの先生が指定した場所で行うのですが、1年生はまだまだ校内の地理に明るくないので、迷子が出てしまい、実験が遅れたりするので、それを予防するための策です。それでも何人かは違う会場に行ってしまったり、迷子になったりします。

2024年4月9日火曜日

E科新任教員の高橋です

 はじめまして。

今年度より沼津高専電気電子工学科に着任いたしました高橋です。

以前、E科ブログでも私のことをご紹介していただきましたが、今回は初めてブログを書かせていただきます。

今日は私が沼津高専に着任して初めての授業がありました。
科目は2年生の電磁気学Iです。
この授業では上級生で学ぶ科目で必要となる基礎を固めていきます。
重要な科目なので学習内容が定着できるよう授業を行っていきたいと思います。
2年生のみなさんよろしくお願いします。

初めての授業でしたが、2年生のみなさんは真面目に聞いてくれました。

新任ということで最初に自己紹介もしました。
名前の「高橋」は正確には「髙𫞏」という字を書きます。
異体字の「橋」は閲覧する環境によっては表示されませんが↓の画像の字です。

実験始めました

  4/9の朝はところによってはかなり荒れたようですが、学校周辺は登校に支障をきたすということはなく、無事いつものように始まりました。とはいえ、車で学校まで送ってくださったご家庭の方、ありがとうございます。

さて今週から平常授業を行っていますが、各学年とも週に一回は「学生実験」という授業があります。これは授業と言っても実験で、当然作業を伴います。2年生の前期は大きく分けて実験が3つあります。詳細は省略しますが、モータに関する実験、計測に関する実験、LEDに関する実験です。

今回は初回なので、実験で使う指導書の製本と、各実験担当者による概要説明、そしてケガをしないために実験に臨む際の諸注意を行いました。

まずは指導書の製本から始めます。費用をかけないようにするため、各担当者が作った実験用の資料をみんなで製本します。

人海戦術で、1ページ1ページずつ取ってまとめていきます
最後に綴じて完成です
20分ほどで指導書が完成すると今度は、各担当者が実験の内容を簡単に説明していきます。

最初はモータの実験から
こちらもモータの実験
今度は計測実験です
今度は3つめのLEDに関する実験です
 来週からは6~7人程度の班に分かれて、それぞれの実験を4週かけて行います。その後は次の実験をまた4週間かけて行っていき、半期で3つの実験を行うわけですが、子供じゃないので、やりっぱなしではいけません、ちゃんと実施した内容や得られた測定結果をレポートとしてまとめなければいけません。しかもいい加減なレポートでは担当者が受け取ってくれず、再提出となります。こうやって電気の実験に慣れるとともに、仕上げとなるレポート作りまでみっちり鍛えられていくわけです。

おいおい実験中の様子も紹介していきます。

2024年4月8日月曜日

お弁当ありがとうございます

  高校ともなるとどこでもそうでしょうが、本校も中学と違って給食は無く、それでも寮生は寮食堂があるものの、通学生はお昼を用意しなければいけません。おうちの方はお子さんの分は長期休業中だけ心配していればよかったのですが、これからは毎日用意する弁当が一つ増えましたね、ありがとうございます。

今日は1年生と2年生のうち、通学生たちの昼休みを写真に収めてきました。まずは1年生からいきます。

ピースはしてくれたけど、
なんとなく部屋の中にはまだ緊張感が漂ってます
残念ながら出遅れたようで食べている子は少なく、大半の学生はくつろいているところでした。一人だけまだ食べていたので「写真を撮るよ」と声を掛けたら、話していたみんなでこちらを向いてくれました。しかし教室全体としてはまだまだぎこちない様子があります。食べるときは集まって食べるというより、自分の席で食べてるといった感じです。

続いて2年生の様子を見てみましょう。こちらは2年生の貫禄とでもいうのでしょうか。1年生と比べると通学生は多いようで、やはりほとんどが食べ終わっていて、くつろいでいました。教室の様子も 慣れたもんだ という感じでした。

写真中央の子だけが食べていました。
顔が写らないように向こうを向いてもらって撮りました
他の学生は食べ終わったようでくつろいてます

ご家族の皆様、毎日ありがとうございます、ちゃんと食べてますので、引き続きお弁当お願いします。

今日から本格的に授業です

 おはようございます。春らしい良い天気になりました。
さて、学校は今週からいよいよ本格的に授業が始まります。

教室も変わり、新たな科目も加わり、初めて授業を受けることになる先生もあります。
気持ちも新たに授業が受けられると良いですね。

1年生は数学の授業、担当は黒澤先生。授業前の様子です。
皆さん元気そうで安心しました。





こちらは2年生。担任の米田先生(微積分1)の授業からスタートです。


担任:米田先生、副担任:西村先生


がんばりましょう!

2024年4月7日日曜日

【教育後援会】令和5年度会計監査

今日はお花見日和ですね。
学校近くの門池公園には多くのお花見を楽しむ方の姿がありました。
お花見も今週いっぱいでしょうか。皆様のお近くではいかがでしょうか。

さて、新年度がスタートしました。
日頃お世話になっております教育後援会も新年度になり、昨年度の会計監査など、事業報告のための準備を進めていらっしゃるようです。教育研究、課外活動など、学生の学校生活が充実して送れるようご支援を賜り御礼を申し上げます。

事務局からご寄稿いただきましたので、ご紹介いたします。

*****************
教育後援会 令和5年度会計監査を実施しました。

4/7(日)10時半より、総合メディアセンター内教育後援会事務局にて、令和5年度の会計監査を実施しました。
令和5年度監査理事である大角・山本両氏は、会計ソフトの全帳票類と通帳、残高証明をもとに、令和5年度決算が適正に執行されたことを確認しました。

教育後援会は会員の皆様からお預かりしている会費から、事務局の人件費や事務費、支部会運営等の事業費、そして学校と学生への助成である教育支援経費を使わせていただいております。この教育支援経費は実に支出の8割を占め、沼津高専の教育の発展振興に資するという教育後援会の目的の根幹ともいえる費目です。体育大会で東北に遠征した、あるいは九州の学会で発表したのに、旅費・宿泊費の徴収がなかったという背景には、沼津高専の全保護者からの温かい支援があることを、是非学生の皆さんにもご理解いただけたらと思います。

令和6年度も教育後援会は学校と学生のために尽力して参りますのでご理解・ご協力のほどよろしくお願いいたします。 



2024年4月5日金曜日

E科歓迎会の様子

E科では、Eスタの運営に関わったり、受講生として参加した2年生以上の上級生が中心となって、新入生のための「E科歓迎会&Eスタ体験会」を開催しています。
今年は4月4日(木)の放課後に開催しました。E科の教職員も参加して、1年生に早く覚えてもらうという機会でもあります。

準備も学生達がやります
お菓子や飲み物を用意したり、各テーブルに名札をセットしています





上級生と下級生がテーブルに着きました



1年生全員と上級生合わせて約90名

今回の歓迎会の進行役は4年生の内山さん。初めての経験ですが、しっかりと務めてくれました。ありがとうございます。



全員の注目を浴びて緊張したでしょうね

まずはアイスブレイク。
自己紹介:名前、出身地、所属の部活などあれこれと話をしています







静岡だけでも東部・中部・西部から集まってきています
もちろん静岡県外の出身の方もいます
部活もあれこれ、先輩が入部を誘ったりしています







その後にEスタの活動紹介・Eラボの活動紹介がありました

Eスタ活動の紹介:山口さん


Eラボ活動の紹介:藤江さん


その後は少し勉強してみます(Eスタの勉強方法:ピアサポート)
上級生は1年生が取り組んだ問題について、簡単に解説したりします








次に先生方のお話。
まずは学科長の小村先生
3年生の電磁気2などを担当します


1年生の直流回路担当の高野先生
4年生の電気電子機器なども担当します

知財教育担当の大津先生です

3年生の電気電子計測や4年の電子回路を担当するのは望月先生

実験指導、班編成やスケジュールの管理も担当する原田技術職員

4月から着任した高橋先生
2年生の電磁気1などを担当します


嶋先生は4年の電磁気3ほかを担当します
1年生が受講する情報処理基礎(全学科共通科目)のコーディネータ

1年生の工学基礎2の実験、4年の電気電子材料など担当の大澤先生

2年の回路理論1、4年の回路理論3など担当
野毛(Eスタ主宰)も話をしました

1年生の情報処理基礎や3年の回路理論など担当の西村先生

2年のプログラミングや3年電子回路など担当の高矢先生
Eスタの幹事長的役割を担っています



この後、歓迎のダンス「パプリカ」を披露しました!
歓迎会のメインメニューはここまで。

ここから先は上級生との交流を深める時間です。
みんなでトランプをしながら、話も弾んだようです。

















2年生・女子寮の役員(階長)です









3年生女子たち(ほかに1人の女子学生と女子留学生もいます)


こちらは4年生・仲良し

注目の投稿

電気自動車の改造を始めます

新年度が始まり、授業や部活も動き始めています。 E科では、学生のモノづくりプロジェクト(通称:モモタロウ)チームが電気自動車の改造を始める計画を立てるため、動き出しました。 メンバーはまだ少数ですが、これから増えていくと思います。 活動のための場所の確保や車両の保管など、苦労はあ...

人気の投稿