2018年5月30日水曜日

「特許が大事」という話

今日は1年生の「工学基礎2」の様子をお伝えします。
沼津高専では「知財教育」にも力を入れています。
第1回目の今日は、スマートホンやタブレットなど、各自が情報端末を持ち込んで、特許検索の方法について講義と簡単な実習を行いました。
講師の大津先生(E科)の巧みな話術で、「特許が大事」ということが良くわかったようです。

特許検索のHPにアクセス中

次回は前期中間試験の翌週(6/13)に行われます。



0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

3年生がCBTを受けました

今日は3年生がCBTを受けました。 彼らは前回の専門科目(電気電子工学分野)トライアルに続いて2回目のCBTです。 今回の科目は物理でした。 画面を食い入るように見ながら,頑張って問題を解いていました。 CBTで好成績を収めるには実力はもちろん大事ですが,試験の形式に慣れる...

人気の投稿