2018年5月30日水曜日

「特許が大事」という話

今日は1年生の「工学基礎2」の様子をお伝えします。
沼津高専では「知財教育」にも力を入れています。
第1回目の今日は、スマートホンやタブレットなど、各自が情報端末を持ち込んで、特許検索の方法について講義と簡単な実習を行いました。
講師の大津先生(E科)の巧みな話術で、「特許が大事」ということが良くわかったようです。

特許検索のHPにアクセス中

次回は前期中間試験の翌週(6/13)に行われます。



0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

専攻科研究発表会が開催されました

今日、沼津高専では、専攻科2年生の研究発表会が開催されました。 2年生にとって大切な専攻科研究の集大成としての発表会です。 専攻科では、出身学科にかかわらず3つのコース(環境・エネルギー、新機能材料、医療機器開発)を選んで入学でき、各自が学んでいます。 これに加えて、...

人気の投稿