2018年5月30日水曜日

「特許が大事」という話

今日は1年生の「工学基礎2」の様子をお伝えします。
沼津高専では「知財教育」にも力を入れています。
第1回目の今日は、スマートホンやタブレットなど、各自が情報端末を持ち込んで、特許検索の方法について講義と簡単な実習を行いました。
講師の大津先生(E科)の巧みな話術で、「特許が大事」ということが良くわかったようです。

特許検索のHPにアクセス中

次回は前期中間試験の翌週(6/13)に行われます。



0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

体験入学 ただいま準備中

 毎日暑い日が続いております。皆様いかがお過ごしでしょうか? Eスタ_ものづくり活動支援(プロジェクトネーム:桃太郎)の状況もお伝えしておきます。 E科のものづくりは,学生有志がE科で学ぶ様々な知識をものづくりを通して実践し,現場力に長けたエンジニアへと成長するための機会を提供し...

人気の投稿