2020年4月27日月曜日

マスクは作れる

 電気電子工学科の山之内研究室には3Dプリンタがあります。
実験用の部品を作ったり、卒業研究で製作の手助けをしてくれます。

一昔前は、3Dプリンタは高級品というイメージでしたが、今では一家に1台配備できるくらい安価になっていますね。

3Dプリンタを使うことで、設計図さえあれば輸送費をかけずにその場で部品を作ることができます。この利点を生かして、コロナで不足しているものの製作することが取り上げられています。

今回はD科の先生から教えてもらった、Freeで配布されているマスクを作ってみます。「PITATT 3D Print mask」と検索すれば詳細が載っていますので興味のある方は確認してみましょう。


 アウターとインナーが造形できました。インナーの小さい造形でも1時間以上かかります。


  ひもを通して

ティッシュを挟み込めば

再利用できるマスクの完成です。

インナーの造形が難しいので、試行錯誤しつつ製作中です。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

みんなでクロマキー

 5/22には2年生対象の開講科目である、図学・製図が開始されました。図学はいいとしても、製図をどうやって遠隔でやるの?という困難に対して、またもクロマキーが立ち上がりました。とはいえ今日は初回なので、概要説明にとどめて作業はなし。 事前の打ち合わせは大事です。 裏ミ...

人気の投稿