2020年6月17日水曜日

進化するE科スタジオ

 皆さん遠隔授業もすっかり慣れたようですね。裏技的なものまで見つけたり、考えついたり、そういうのもいいけど、そういうある種の作者が意図しない穴を知ったうえで、ならばどういった製品を作ればいいのかを考えるのが、将来を担う皆さんに期待されていることですよ。

今日はいくつもの授業で活躍しているE科の遠隔授業用スタジオが、また拡充されたのでお知らせします。クロマキー合成を使っている場合に限定されますが、WEBカメラをなくし、すべてハンディカメラにしました。
これだけじゃわからないけど、画質が向上しました
たとえゲームだったとしても、一日中その画面を見てるのって疲れますよね。それが授業なら......。少しでも目に優しい画面を届けられるように、高矢先生が設備を増強してくれました。複数のカメラを切り替えたり、クロマキー合成したりするそれらソフトの調整も必要なので、それはそれで一つの卒研ネタになるほどのものです。

なかなか本校はこの遠隔状態から抜け出せませんが、19日ころにまた新しい方針が学校から案内される予定ですので、もうしばらくお時間ください。がんばろうなんて疲労困憊している人にさらに無理を強いる言葉は使いません。どうぞもうあと少しだけお時間ください。
今年も就職指導・活動や編入学活動が旬になってきつつあります。さらにはEスタ執行部が準備を終え、慣れない遠隔環境下で下級生対象のEスタ勉強会を開始してくれました。我々も少しでも気持ちが明るくなるE科の情報を届けられるように心がけます。

0 件のコメント:

コメントを投稿

注目の投稿

電気自動車の改造を始めます

新年度が始まり、授業や部活も動き始めています。 E科では、学生のモノづくりプロジェクト(通称:モモタロウ)チームが電気自動車の改造を始める計画を立てるため、動き出しました。 メンバーはまだ少数ですが、これから増えていくと思います。 活動のための場所の確保や車両の保管など、苦労はあ...

人気の投稿